日記





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

白雪姫 :: 2009/08/23(Sun)

お早う御座います。

今日もjavaが動いてくれません。
とあるソフトをインストールしてから調子が悪いです、色々と。
結局そいつは役に立たなかったし、DLしなきゃ良かったな。

PCの気まぐれっていうのは無いでしょうけど、
私の手には負えないので他ユーザーに任せます。(責任感はどこいった

絵を描けなくなったので、読書に専念することになった私。
『白雪姫』を悪い姿勢で読みました。
背中が曲がっても本の面白さに変わりはないのでそこは流して下さい。

かといって猫背は進み、放っておけばおとぎ話の魔女の様。
さすがにまずいだろう、と思い整骨院へ林檎を持って出かけた。

待合室には肌の白い美しい少女が。
彼女と白いソファーしか存在しないそこに足を踏み入れると
彼女はゆっくりこちらを向いた。

『ここの先生は凄く親切なのよ』

今までに見たことのないような美しい笑み。
それから私にここへ来た理由を問いた。
彼女は『白雪姫』を手にしている。

『もともと姿勢が悪かったんです、それで直してもらおうと』

『それならすぐ通してあげましょう』

彼女は待合室につながる廊下へ進んだ。
白いリノリウムの床に私の靴はこつん、こつん、と響いた。
なのに前を進む彼女の足音はしなかった。

もともとなんで直接診察まで通してくれるのかも分からないし、
彼女はいったい何者なのか。
自分の足音が頭に響いて気分が悪い。

彼女はひとつドアの前で止まった。

『じゃああとはよろしくね』

彼女は気配なく消える。
その場に残された私は白く硬いドアにノックをした。

『どうぞ』

若い男の声。
ピカピカしたドアノブに手を掛け、かちゃり、という音がするとともに林檎が転がった。
私が持ってきた林檎だった。

『大丈夫ですか』

林檎を拾うより先に、診察室の男のほうに顔を上げた。
男のはずがそれはあの肌の白い少女。

彼女はさらに恐ろしいほど白く、美しくなっていた。
いや、気のせいかもしれない。
でも私は彼女が蛍光灯の光に溶け込んでしまいそうに思えた。

そのうち本当に蛍光灯の光と前の景色が一緒になって、
そこからは覚えていない。

あれは夢なのか何なのか今でも分からないが、
その何週間か後に私の飼っていた犬が死んだ。

真っ白な犬だった。












…っていう妄想。
長く下手くそな文章で申し訳ない。

どこからが逸話かは、お任せします。
ちなみに『白雪姫』は読んでません。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
<<良いものを得た気分。 | top | お絵描き手段は掲示板のみなんだぞ>>


comment

お??
これは!!つい夢中になって読んでしまいましいたよw
てか、全然下手じゃないですよ!!!!むしろすばらしく良いですよ!うん、こういうの私も書きたくなったよ。本当に上手ですね^^
  1. 2009/08/23(Sun) 22:28:39 |
  2. URL |
  3. アラビス #-
  4. [ 編集 ]

アラビスさんへ

それはありがたいです(^o^///)
全部読んで下さった時点で感謝感謝なのに、素敵なお言葉まで…!!
これを書いたのはネタが尽きたのもあったんですけどね、笑

ではでは☆
  1. 2009/08/24(Mon) 11:48:33 |
  2. URL |
  3. 梨 #-
  4. [ 編集 ]

すっげええ!!
ちょww
それいいなw

いつも妄想はしてるけど本当日々くだらないよ←
なっしーみたいなストーリー性のある妄想
かんがえたいなー←

  1. 2009/08/24(Mon) 12:00:16 |
  2. URL |
  3. かすみ #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして!
・・・ホントは違いますが。
そして、梨さんの知り合いだったりします。

まぁ、それはともかく、すごいですねー、いいですねぇ。
私は「FC2小説」サンの方で書いてるんですが、こんなん書けませんよ。
自分の小説があまりに幼稚に見えますねー。(あ、実際、幼稚なのか・・・)
本当に羨ましいです・・・・。
  1. 2009/08/24(Mon) 15:57:14 |
  2. URL |
  3. 菜和怜火 #GgRMGR4I
  4. [ 編集 ]

かすみさんへ

ひゃー、ありがとうございます(^▽^)

妄想も文章にしてみると1つの話になっちゃうんですね!
かすみさんの文章力?にはいつも驚かされているので、
妄想とか物語なんかも覗いてみたいなぁ、なんて^^*
  1. 2009/08/24(Mon) 17:01:07 |
  2. URL |
  3. 梨 #-
  4. [ 編集 ]

菜和怜火さんへ

あっコメントありがとうございます!
…もしや前クラスが一緒だった方ですか?(間違ってたらすいません
うわーなんか恥ずかしー!!
凄いなんてもんじゃないですよ///
ちょっと妄想癖があるだけです(にこにこ

是非とも小説置場ちょっとお邪魔させていただきますね!
ではでは^^
  1. 2009/08/24(Mon) 17:22:41 |
  2. URL |
  3. 梨 #-
  4. [ 編集 ]

すばらしい^^^^^^^^^^

拍手です。十回は拍手をクリックしたいです。良かったですよ
  1. 2009/08/24(Mon) 17:35:45 |
  2. URL |
  3. アレサ #-
  4. [ 編集 ]

アレサさんへ

喜んで頂けるとこちらも嬉しいです(*^o^*)
そんなに褒められてしまうとパンクしてしまいそうですね、笑
  1. 2009/08/24(Mon) 17:59:46 |
  2. URL |
  3. 梨 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soutenkouten.blog116.fc2.com/tb.php/353-15cf6192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。